3歳差の男の子ふたりを育てています。

今日も子育てごちそうさま!

「鬼がくるよ!」と子どもに言うのはあり?なし?我が子への効果は…

【スポンサーリンク】

 

 

 

皆様こんにちはーーー!

なおたろーです!

 

いつも当ブログを読んでいただき

ありがとうございます!

 

 

 

さて今回はしつけについてです。

 

 

 

 

 

f:id:naotarotarou:20190621142749j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:naotarotarou:20190621142810j:image

 

 

 

 

 


f:id:naotarotarou:20190621142823j:image

 

 

 

 

 


f:id:naotarotarou:20190621142807j:image

 

 

 

 

 


f:id:naotarotarou:20190621142825j:image

 

 

 

 

 


f:id:naotarotarou:20190621142817j:image

 

 

 

 

 


f:id:naotarotarou:20190621142820j:image

 

 

 

 

 


f:id:naotarotarou:20190621142814j:image

 

 

 

もうちょっと怖がれよw

 

 

 

そらじろーはあんなに怖がってたのに

こさぶろーには全く効果がありません。

 

幼稚園のお友達にもよく

「おにしゃんがくりゅよ!」

言われているこさぶろーですが…

 

「おにしゃんいく~!」

嬉しそうな反応をしていると

先生が言っていました…(-_-;)

 

 

 

 

皆さんはお子さんへのしつやの際に

「鬼」を利用することはありますか?

 

 

きっかけは私の大好きな

東村アキコ先生の育児漫画。

 

 

 

夜寝てくれないごっちゃんに

鬼を利用してなんとか寝させる

東村先生がおもしろくておもしろくて…

 

 

 

しかしネットで

「子供 鬼」で検索をかけると

デメリットが多く挙げられます。

 

「まあたしかになぁ」と納得いくことも

多くあるのですが…。

 

 

 

夫の帰りも遅く、

転勤で周りに知り合いが誰もおらず、

日々の育児に追い詰められていた私は

鬼にすがるしかなかったのです。

 

もう悪魔と契約する気持ちで

鬼を利用するんだと決めたのです。

(大げさかもしれませんがw)

 

 

そこで自分なりに気を付けた点なのですが

 

 

①恐ろしい存在を作る代わりに、

強い味方の存在も作ってあげる

 

強い味方とは、まあ私のことですね。

私も一緒に鬼を恐れて、

「君を守ってあげる」という意思表示をする。

 

 

②全力で演技をする

 

これは東村先生も言っていたけど

親も本気で鬼がいると信じる。

 

私は山の向こうに鬼が住んでいると

そらじろーに伝えていたのだけれど

その世界観を絶対に崩さない。

 

だから夫にも事前に

「ガチでやるからね」と伝えてましたw

 

 

③フォローを大切にする

 

例えば寝かしつけのときに

鬼を利用するときには

たくさん頭をなでてあげるとか、

怖さだけでなく安心感も与えるように

気を付けていました。

 

 

 

子育てって、ある種の「洗脳」です。

 

 

親の言動で子どもの人格形成に影響が出ます。

 

だからこそサジ加減はしっかり

していかなきゃならないし

 

想像力も養わないとなぁって思います。

 

 

鬼を利用したしつけも

言い方や心構えによっては

プラスの方向に働くんじゃないかぁなと

私は思うのですが…どうでしょう(笑)

 

 

 

私だってホントはね!!

 

「お布団ふかふかだよ~」

「早く寝ると明日スッキリだよ~」

 

とか言って寝かしたかったけどよぅ!

 

 

そんなにうまく

いかなかったんだってぇ…

思い出しただけでも辛いわ…(´;ω;`)

 

 

 

と、まぁ少し長くなりましたが…

鬼を利用するかどうかだとか、

どれくらいの頻度で登場さすかとか、

どういったフォローをするかは

 

お子さんと向き合って

ママやパパがしっかりサジ加減を

したらいいんじゃないかと思います。

 

 

 

よければ皆さんの意見も

聞かせてください~!